新着情報 【New Information】

《5月28日》
 政府の発表と熱中症予防の観点から、マスク着用は各個人の判断と致します。感染予防のために、いつも以上に手洗いうがいの徹底をお願いします。

《6月15日》
 無料見学・体験を、2週間(最大4回)に変更致しました。複数回の参加の上、入会を検討して頂ければと思います。

《6月25日》
 高校生以上の学生週2回の会員料金を3,000円→2,500円に変更致しました。まずは是非無料見学・体験にお越しください。

見学・体験希望の方は、お気軽にご連絡ください。練習風景等は、ページ下部より当Instagram・Facebookをご覧ください。

【練習日程予定表】

・7月  6日㈬:車庫
                        (A shuttered garage from 8 p.m.)
・7月  9日㈯:櫛引スポーツセンター
                        (Kushibiki Sports Center from 2 p.m.)
・7月13日㈬:車庫
                        (A shuttered garage from 8 p.m.)
・7月16日㈯:櫛引スポーツセンター
                        (Kushibiki Sports Center from 2 p.m.)
・7月20日㈬:車庫
                        (A shuttered garage from 8 p.m.)
・7月23日㈯:櫛引スポーツセンター
                        (Kushibiki Sports Center from 2 p.m.)
・7月27日㈬:車庫
                        (A shuttered garage from 8 p.m.)

✫水曜日に見学・体験希望が入った場合は、櫛引スポーツセンター軽スポーツコーナーに変更します。また、水曜日の活動人数が今後1名以上増えた場合も、櫛引スポーツセンター軽スポーツコーナーに切り替えます。

はじめに 【Greeting】

 当同好会は、山形県鶴岡市を主軸に庄内地区で活動している非営利団体です。
 学校や職場と家との往復だけで毎日が過ぎ去っていませんか?直接打撃制空手(フルコンタクト空手)を通じて、変わり映えのない日常に刺激を与えてみませんか?是非一緒に練習して、健康的に、そして心身共に強くなりましょう!
 指導員、諸費用、活動場所等の詳細は以下をご参照ください。また、普段の練習の様子等は、ページ最後の各SNSへのリンクボタンから確認することが出来ます。
 体験は事前にご連絡頂ければ対応可能です。参加される際は、お手持ちの道着やジャージなどをご持参ください。その他ご質問もお気軽にお問い合わせください。

代表師範 【Founder of the Group】

坂本恵義
七段
〔Sakamoto Shigenori〕

 【主な戦績】
 第6回全世界大会(1996/1) ベスト32
 第7回全世界大会(1999/12) ベスト16・マス大山賞・試割賞
 第2回極真連合杯世界大会(2008/1) ベスト16
 第30回全日本大会(1998/12) 6位・試割賞
 第38回全日本大会(2006/11) 準優勝
 第1回空手ワールドカップ(1997/6) 中量級4位
 第7回全日本ウエイト制大会(1990/6) 中量級準優勝
 第8回全日本ウエイト制大会(1991/6) 中量級4位
 第12回全日本ウエイト制大会(1995/9) 中量級3位
 第13回全日本ウエイト制大会(1996/6) 中量級準優勝
 第15回全日本ウエイト制大会(1998/6) 中量級準優勝
 第17回全日本ウエイト制大会(2000/6) 中量級4位
 第19回全日本ウエイト制大会(2002/6) 無差別級3位
 第22回全日本ウエイト制大会(2005/6) 重量級準優勝
 増田道場主催第4回全日本ウエイト制大会(2003/6) 無差別級3位

新代表 【New Representative of the Group】

中島清貴
弐段
〔Nakajima Kiyotaka〕

 【主な戦績】
 2006年 全国大会軽量級準優勝
 2007年 全国大会軽量級優勝
 2007年 第1回JKJO全日本Jr大会高校男子70kg以上3位
 2007年 第1回JKJO全日本Jr大会高校男子団体戦優勝
 2008年 極真連合杯世界大会ベスト8
 2008年 ウエイト制全日本大会軽量級優勝
 2008年 全国大会無差別級優勝
 2009年 極真連合杯第1回ワールドカップ軽量級3位
 2009年 第1回全日本大会軽量級優勝
 2010年 6月、ウエイト制全日本大会(連合会)軽量級優勝
 2010年 12月、全日本大会軽量級優勝

指導員 【Instructor of the Dojo】

金原正和
弐段
〔Kanahara Masakazu〕

 【主な戦績】                    
 第4回極真CUP全日本空手道選手権大会重量級 準優勝
 第7回全日本空手道選手権大会重量級 準優勝    
 第8回全日本空手道選手権大会重量級 準優勝
 第11回全関東空手道選手権大会75kg以上の部 優勝

コース 【Course】

 経験の有無や男女の別は問いません。現在は中学生以上を入会対象とさせて頂いておりますが、会員のご家族であれば小学生以下でも承ります。また、中学生は短時間集中型での指導を行いますので、終了時刻が高校生以上とは異なりますが、ご家族(高校生以上)と一緒に練習に参加される場合はこの限りではありませんので、都度ご相談ください。

【練習内容】
 基本稽古・移動稽古・型稽古・ミット打ち込み・技の受け返し練習・組手稽古・補強運動を組み合わせて構成しますが、
 水曜日:ミット練習・組手稽古
 土曜日:基本稽古・移動稽古・型稽古
を中心として行います。

入会案内 【Enrollment Guidance】

【手続きに必要なもの】
①入門誓約書(要証明写真4cm×3cm)
②スポーツ安全保険加入申込書
③入会金、入門月の会費、スポーツ安全保険の代金、会員証発行料

​【費 用】
①入会金:2,000円
②月会費:週1回 - 中学生   - 1,000円
           高校生以上 - 2,000円
           社会人   - 2,500円
     週2回 - 中学生   - 1,000円
           高校生以上 - 2,500円
           社会人   - 3,500円
  (家族会員は2人目以降500円を割引致します。)
③会員証発行料:1,000円/3年
④スポーツ安全保険料:中学生       - 1,300円/年
           高校生〜64歳 - 2,350円/年
              65歳以上         - 1,700円/年
  (家族会員は2人目以降500円割引されます。)
⑤空手着:12,000〜14,000円+送料1,500円*
⑥サポーター:(例)布拳−2,200円・革拳−5,500円・すね−3,200円
           金的−2,200円・胸−5,600円他+送料1,500円*
 *道着やサポーターは個数ではなく、一度の注文につき1,500円が別途掛かります。
  (昇級審査や試合出場を行わない場合は、空手着の購入は必須ではありません。しかし、組手練習を行うためにはサポーター着用(男性はスネ・金的の2点、女性はスネ・胸部の2点)が最低限必須ですのでご注意ください。初めはご自身の拳を守るために拳サポーターも推奨致しますが、各個人の判断にお任せ致します。当方を通して本部から注文することも可能ですが、ご自身で買い揃えられた物でも構いません。しかし、大会参加をお考えの場合は、各大会指定のサポーターの購入が必要ですのでその点はご注意ください。)
⑥昇級・昇段審査料:11,500円
  (昇級の際は審査料以外の費用は必要ありませんが、昇段の際は段位毎の段位授与料が必要です。)

※ 坂本派は年会費の支払いは必要ありません。
 また、当同好会は非営利団体のため、徴収した月会費等は全額当会運営費用に充てさせて頂きます。

昇級・昇段審査 【Promotion Exam】

 昇級審査会は5月と11月の年に二度行います(状況に応じて延期等も有り得ます)。求められる知識・体力・技の受け返しの習熟度や型は各級により異なりますので、以下の表をご参照下さい。また、緑帯(4級)以上を取得するためには、過去一年間に全日本大会や神奈川県大会を始めとする大会への参加(選手・審判・スタッフ等役割問わず)または本部合宿への参加が必要です。
 昇段審査を受験する場合は、受験時満18歳以上であること、1級(茶帯一本線)を取得してから1年以上が経過していること、そして試合審判の資格を取得していることが義務付けられています。審判資格は、審判講習会・交流試合等での審判経験・筆記試験を基に授与されます。また、昇級審査時とは異なり、1〜2月に東京都で行われる本部道場主催の昇段審査会に参加する必要があります。
 他派を含む極真会館の所属経験があり、級・段をお持ちの方で引き継ぎ希望の方はご相談下さい。

 現在の帯色
(級・段)
指定型
体力審査
組手1分/人
白帯
(無級)
太極Ⅰ、太極Ⅱ
拳立て15回・バーピー15回
一人組手
橙帯
(10-9級)
上記+太極Ⅲ、平安Ⅰ
拳立て25回・バーピー25回
一人組手
青帯
(8-7級)
上記+平安Ⅱ、安三
拳立て30回・バーピー30回
二人組手
黄帯
(6-5級)
上記+平安Ⅲ、撃砕大
拳立て35回・バーピー35回
三人組手
緑帯
(4-3級)
上記+平安Ⅳ、撃砕小、突きの型
拳立て40回・バーピー40回
四人組手
茶帯
(2級)
上記+平安Ⅴ、最破
拳立て50回・バーピー50回
五人組手
茶帯
(1級)
上記+三戦
十人組手
黒帯
(初段)
上記+征遠鎮、転掌
二十人組手
黒帯
(弐段)
上記+十八、臥龍
三十人組手
黒帯
(参段)
上記+観空
四十人組手
黒帯
(四段)
上記+五十四歩
五十人組手

活動日時・場所 【Time and Place for Class】

【活動日時・場所】
 《日時》
  毎週水曜日・土曜日
   水曜日:中学生  −20時〜21時
       高校生以上−20時〜21時30分
   土曜日:中学生  −14時~15時
       高校生以上−14時〜16時

 《主練習場所》
  〒997-0342 山形県鶴岡市三千刈字清和158-1
  櫛引スポーツセンター軽スポーツコーナー

 《臨時練習場所》
  車庫・倉庫
  (道場生及び見学・体験希望で連絡を頂いた方のみに詳細は開示しております)

※新型コロナウイルスによる影響や他団体の予約状況、施設のイベント等により、活動場所や時間に変更があったり中止になったりする場合がございます。

よくある質問 【Q & A】

【Q1】
 見学・体験はできますか。
【A1】
 事前にご連絡頂ければ体験可能(2週間・最大4回)です。体験される場合は事前に連絡の上、特に飲み物とタオルをお忘れなくお越しください。

【Q2】
 若くないと練習について行けませんか。
【A2】
 年齢は関係ありません。還暦を過ぎてから始められた方も多数存じ上げています。

【Q3】
 初心者でも大丈夫ですか。
【A3】
 今や指導者となった私も勿論初心者でした。「全く運動はしてこなかった」「他のスポーツをやっていた」「他流派で経験がある」等々は全く関係ありません。基礎から丁寧に指導致します。

【Q4】
 体力に自信がありませんが、大丈夫でしょうか。
【A4】
 練習を重ねる内に体力は付いてきます。習熟度に合わせたメニューを組みますので、無理のない範囲で参加して頂けます。

【Q5】
 極真は激しいイメージですが、女性でも大丈夫でしょうか。
【A5】
 先程の回答の通り、無理なことを強いることは致しません。体力に応じて指導致します。

【Q6】
 仕事や学校などの関係で遅刻(早退)しても稽古に参加できますか。
【A6】
 ご自身の予定に合わせて参加していただけます。その場合の入場時や退場時の所作もお教え致します。

【Q7】
 直接打撃制だとやはり怪我をするのでしょうか。
【A7】
 確かに初めの頃はアザや擦り傷が出来やすいですが、上手く攻撃を受ける体の使い方を理解し、体が衝撃に慣れることでほとんど怪我はしなくなります。普段の練習ではサポーター着用を義務付けているので、大きな怪我にはつながりにくいです。また、スポーツ保険にも加入した上で活動しますのでご安心ください。

【Q8】
 試合や昇級審査などには興味がありません。健康維持のためと言う理由で通っても良いのでしょうか。
【A8】
 空手=試合・昇級審査、ではありません。空手の稽古を通じて、自らの気持ちが前向きになるきっかけになったり、体が変わることで自信が持てるようになったりと、人によって目的は千差万別であるべきだと考えます。試合参加や昇級審査受験を強いることは致しません。

【Q9】
 黒帯取得までどれくらい掛かりますか。
【A9】
 当同好会では半年に一度のペースで昇級審査を行いますので、1級取得までに5年、更に昇段審査はそこから1年の期間を必要とするため計6年が最低でも必要です。黒帯を締めるということは、空手の知識・技能が伴い指導出来ることは当然のこと、心・技・体が伴い、人として他の手本となる必要があります。そのため、当坂本派では、昇段についての項目でも記載している通り、18歳未満の黒帯取得を基本的には認めていません。取得困難であるからこその意味と価値を見出して頂ければと思います。

【Q10】
 I'm interested in learning Kyokushin Karate. But I'm worried if I can follow sensei's instructions or communicate with other students because I don't speak Japanese at all.
【A10】
 You don't have to worry about it. I'm going to explain everything to you in English and translate what you say to others in Japanese if needed. Please don't hesitate to ask if you have any questions about us or explanations written in Japanese above on this website.

ホームページランキング参加中

powered by crayon(クレヨン)